贅沢の探求

アウトプット&自分のための備忘録 

2022

皆さまあけましておめでとうございます!

今年はよろしくお願いいたします。

新年早々、1ヶ月以上待ち続けた

 

が到着しました〜!

やったー!

何気に毎年買っていて、私の英語の教科書にはうってつけ。

今日は雪だし、ゆっくり翻訳と音読頑張ります!

 

このブログの目的はしっかりお酒の翻訳して自分のために残す記録。

それがもし誰かのためになったらいいなぁという感じです。

よろしくです!

 

勉強方法

いろんなサイトなどでどうやって勉強するか、をまとめてるんだけど、紙ベースなので紛失したり、更に調べたりアップデートしたりなので、ここにまとめておきます。

 

勉強の目的を意識!!

環境を整える→優秀な人たちに囲まれる

何度も反復する→スキマ時間の有効活用

        1日3単語✖️365=1000以上!!!

今覚えるつもりで常に本気で暗記→アウトプットを寝る前&起きてから

タスクに対してのモチベーション=いかに大切か

運動+場所変える+キリよく終わらせない

 

ノートは覚えるために書く→綺麗に書く必要なし

・結果的には、覚えればノートには書かなくて良い

 

【英語】

精読に必要なのは基本だけ=積み重ねれば速読もできる

5文型

品詞をある程度理解している

単語力!!!!=日本語を介さずイメージできるようになる

 返り読みをなくす!

 

リスニング=シャドーイングが一番大事(=聞こえてくるものを読み上げる)

音を聞き取る→発音できるように、語順通りに理解する

 1/そのまま聞く

 2/聞き逃したところを意識して理解+説明しようとしてみる

 3/スクリプト(台本)をしっかり(→余裕があればシャドーイングもスタートする)

 4/シャドーイング→説明するつもりで

Whisky初心者へのお勧めWhisky

こんなタイトルつけるとめちゃめちゃ偉そうになってしまうので嫌なんですが。

分かり易いかなと言うことで。

個人的にお勧めしたいのは

 

malts.jp

 

グレンキンチー

グレンエルギン

クライヌリッシュ

ダルウィニー

オーバン

クラガンモ

モートラック

タリスカー

カリラ

ラガヴーリン

 

の9種類。

Scotch Whiskyにはエリアごとで区分分けされています。

細かいことは置いといて、この10本、、!。。全部揃えるのは難しいと思うので

①グレンキンチー

②クライヌリッシュ

 オーバン

 ダルウィニー 

③グレンエルギン

 クラガンモ

 モートラック

タリスカー

⑤カリラ

 ラガヴーリン

 

の5種類に分けて、そのくくりの中で1本づつ徐々に飲んでみて欲しいなと思います。

色々細かい情報も調べればすぐに出てきますが、

ここで一番大事なのは、自分の舌で判断すること、感じること。それに対して自分の意見を

持つこと。

そんなに多くの情報は必要ないので、Whiskyに興味を持ってもらったら、ぜひ試して頂きたいです。

ちなみにこれらはSingle Malt Whiskyと言って、ひとつの蒸溜所からリリースされているWhiskyです。

と言うのも、Whiskyでは複数の蒸溜所の原酒を混ぜて商品化されることも普通にあって、それがBlended Whiskyと呼ばれています。

 

最近では酒屋さんで有料試飲とかやってるところもあるので、そうゆうのを活用して、どんなものがあるのか、自分の中でWhiskyという飲み物に対しての地図を描き始めて欲しいなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフェリエイトに登録してみた

主にAmazonで自分の良いと思うオススメの物も紹介できるようにしてみた。

どのくらい反響があるかわかんないけど、、

今までやってみたかったことでもあるのでトライしてみます。

皆さんよろしくお願いします。

色々と途中で。。。

一旦、コピペ終了。

勉強方法のカテゴリは、なぜか需要があったんで残しました。

自分で試行錯誤したところでもあるんで(読み返してないけど)誰かの助けになったら。

自分のためにも残して置きたかったので。

 

記憶に残すって、本当に大変だよね。

記憶に残せたり、暗記できたりしてたら、ノートはいらないし、

自分的にもどうやって簡単に伝えたら良いか、興味を持ってもらえるかって常に考えてたりするので、応用で使えたら良いなぁと。

 

移行してて思ったけど、まじで全部途中だわ!笑

本読みながら年表作ってたので、もう記事にする余裕なんて全くなかった。

 

これから記事にできるのか、、、!?

 

年表にしたのはひたすらこれ。

めっちゃ良いですよ、オススメ。

 

【編集中】連続式蒸溜器について

スタイン蒸溜器とコフィ蒸溜器

コフィ蒸溜器は最初は鋳鉄で作られていた。
当時、敵対するダブリン税務局収税官のために、蒸留液をロー・ワインズと呼び、フェインツはスピリットにするためにスピリット・スチルで蒸溜しなけれならなかった。
しかし、発酵醪の酸と反応した結果、ジン用に再留する以外に用途はないどうしようもない品質のWhiskyであった。
発酵醪の酸と反応した結果、ジン用に再留する以外に用途はないどうしようもない品質のWhiskyであった。
銅製にした後は、通称“ブリティッシュ・スピリット”と表現された、非常に軽く、飲み易い品質のWhiskyとなった。

国家試験に受かるまでのノート術と勉強法

今年、国家試験3度目です。

1年目、意味不明
2年目、模試慣れしてなくて疲れすぎ
3年目、合格(仮)

わたしは宅建ですね。
去年受かるはずだったのに。。
めちゃくちゃできたのに、まさかの民法にたどり着くまでにめちゃめちゃ疲れて民法が完敗でした。

今年の自分のために!
メモです。

何年ぶりの勉強だもの、効率的に勉強したい

勉強のための勉強で、
1年目はひたすらDaiGoのYoutubeで勉強しましたよ。
そしたらやっぱり面白いのね。 
記憶法とか復習法、ノート術、勉強の環境、、などなど終わりを知らずw
で、
たどり着いたわたしの勉強法は

捨てるためのノート

ノートは覚えるために書く。
暗記のため、理解のため。だから覚えたら捨てる。
覚えられない所は、
1枚の紙にまとめて全体で理解して机の前に貼る。
追加があれば付箋で付け足していくの。

過去問といて、解説は読まないで、自分の使ってるテキストで復習すること!!!
多分これめちゃめちゃ大事。
それか自分のまとめた1枚の紙ね。
間違えた所は、その章とか、まとめてテキスト、動画を読み直す!!!
時間かかるよ。でも効くよ。

過去問に慣れすぎないこと

これも難しいんだけどねーーーーーー
本当にこれなの。だから、本試験1ヶ月前まではとにかくインプット!!
1ヶ月前くらいから過去問やるくらいの方がいい気がする。
変に模試とかやり出すとずれていくからね。
自分は無意識だったとしても、やっぱり覚えてるのよ。
その問題の答えを。

〇〇について、ってテーマ決めて何も見ないで、
自分でノートに書き出していくのよ。これがねーーー!こんがらがってるところとか一髪だからね。
過去問はどれだけうまく使いまくるか。
問われてることだけじゃなく、その問題で他に知ってることを書き出す。
選択肢からも、その選択肢で何が間違ってるのかを書き出す。
そしてテキストで確認して、間違ったら付箋つけて。
これを繰り返す。
全部の問題で繰り返す。
復習は3日後、5日後、7日後、2週間後、とかでやってた。

アウトプットは宅建に限らず苦手だから、アウトプットの勉強法を習得するために去年は頑張った!
そしたらやっぱり整理されてくると、スッと頭の中の引き出しが開くのよね。快感。。

受かるための勉強


これだけだと賛否出ちゃうのよね。
でもわたしは受からなきゃ話にならない!ってタイプ。
実際に現場で使えなきゃ意味ないんだけど、
受かるための試験で、
受かるための勉強をしてる。
だから試験に受かることを目標にしてる。
“資格だけ持ってても。。”
って人用にね。
受かんないと話にならんのよ。

 

テキストはノート

動画を見たり、他の資料やテキストからの情報、分からないことはとにかくテキストに書き込んでた。
アンダーラインは引いてもいいけど、引きすぎる癖があるので、
重要視はしないことに。
大事なところ、苦手なところに関しては水性のマーカーで星印→赤の色鉛筆、の順で差別化。
段々覚えることが減ってくるから、
最終的には、最初に書いた1枚ごとの紙、数枚あれば復習完了なの。

試験当日も身軽で行った。
これは正解。
当日、ほとんど集中して会場で勉強できないから、最後の5問の暗記と、苦手なとこの見直し。
あと自信になるものを持っていけばやることが限られて効率いいと思う。

 

 


続く。。

 

久しぶりに見返して見ると、こうゆうのってやっぱり書いておいた方がいいなぁって思いますね。
また新しい勉強をしたいときや、実際勉強続けてるけど自信なくしているとき、頑張っている誰かを見るより頑張った自分の言葉の方が励みになる。
さぁ今日はもう9/5の4:30amよ。
何となく眠くないからちょうどWhiskyのObanをグラスに入れてまったりしてる。こんな時間久しぶりだな。
そういえば最近、ブログに戻るかどうか考えてて。色々調べてるんですが、
とりあえず今あるこのNOTEをしっかり続けてから考えようかなって思ってます。
そして何といっても試験もあるし。とりあえずそれまでは。
文書に書きたいことっていうのも実はもっとしっかり練っておかないといけないよねって思います。
まずは色々情報収集中。
実は今色々やりたいことがあるんだけど、
後から見返せるベースが欲しいんですよ。
無料ブログでも全然いいんだけどね。管理できないし。
NOTEのいいところは個人的には文章ベースってこと。
広告がないこと。
記事を販売できること。
うむ。

 

 

※ここら辺はNOTEで書いてた記事のコピペです