贅沢の探求

アウトプット&自分のための備忘録 

CRAIGDUFF SINGLE MALT WHISKY By Glen Keith(or Stlathisla) in 1970s

Craigduff has a bit of a strange story. The whisky is an experimental peated Speyside single malt produced for Chivas Brothers in the 1970s, but never officially released as a single malt. A couple of bottlings were released by Signatory a few years ago and the company believed the malt to have been made at the Strathisla distillery.

Craigduffは変わった歴史があります。
1970sにChivas Broがスペイサイドでピートの効いたシングルモルトウィスキーを製作しようと実験をしていた。しかしその後、その製品はオフィシャルシングルモルトとしてリリースされることはなかった。
リリースされたうちのひとつには数年前にシグナトリーからで、それはStlathisla蒸溜所で作られていたとされている。

However Signatory later claimed要求 that the whisky had actually been produced at fellow Seagram stablemate同じ人に所有される Glen Keith, a claim denied否定 by Chivas, who continue to insist that it was made at Strathisla.


シグナトリー社は同じSeagram(当時のChivasBroのオーナー)の所有であったGkenkithで製造されていたのではと考えていたが、ChivasBroにこの説は否定され、Strathislaで製造していたものだと主張された。(個人的にはキースだと思ってるけど)

Another interesting feature of Craigduff is that the whisky was, in a sense, 'double-peated' - not only was peated malt used in production, but some of the water used was peated water made in Stornaway and run through the still to concentrate its peatiness again. This water was added to the wash before distillation. A curious collector's item.

現在はコレクターアイテムとなっている。

 

www.thewhiskyexchange.com

 

このシングルモルトを知るキッカケになったのはGlenKeithから。